> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • コメント(-) |
  • トラックバック(-) |
  • URL |

> story

おくりもの 

ボクが昼寝から目を覚ますと
みちさんは「すいぶん寝ていたね」と言って
おいしいミルクをくれた。

ボクはみちさんの家の庭に
昨日、置いていかれたんだって。

みちさんはボクをみつけて
ちょっと困った顔をした。
みちさんはずっと、ひとりで暮らしていて
仕事に出かけていくと家には
誰もいなくなってしまうから。

みちさんが困っていると
となりの家から
ボクの声を聞いて
男の子が顔を出した。
「あ!かわいい!」
男の子はうれしそうにボクに近寄ってきて
やさしく抱き上げてくれた。
「おねえさんが仕事でいない間、お世話してもいい?」
みちさんは目を丸くしてうなずいた。「もちろん、いいわよ」
男の子のお母さんがニコニコしながらこっちを見ている。
みちさんは、お母さんに、おじぎをした。

ボクはみちさんとお散歩をするのが大好きだ。
みちさんは、ボクが来るまで
あんまりお散歩はしてなかったみたい。
「ねえ、ふしぎだね」
みちさんは、歩きながらボクに話しかける。
「前は話しかけてこなかった人が
今は、こんにちは、って笑いかけてくれる。
キミと一緒にいるだけなんだけど」
ボクはみちさんを見上げる。
みちさんは、ふふふって、幸せそうにボクを見て、ほほえんだ。

ある夜、ボクは熱を出した。
みちさんはあわてていろんな病院に電話して
ボクを連れて行ってくれた。
夜遅かったけど
お医者さんはとても親切だった。
「この子はどうしたんですか?」
「家の庭に置いていかれた子なんです」
「そうなんですか・・・あなたがお世話してるんですね」
「はい。ご近所のかたに手伝ってもらっています」
お医者さんはみちさんにやさしく言った。
「また明日、様子を見せてください」
「ありがとうございます」

みちさんは、ボクが来るまで
ずっとひとりぼっちだったんだって。
でも今は違うよ、って
いつもおいしいミルクをくれるたびに
ボクに笑いかける。
ボクもみちさんと会えてうれしかったよ。

次の日、ボクの様子を見て
みちさんの顔色がまっさおになった。
かけこんだ病院のお医者さんの顔も昨日とは違う。
ボクは一度だけ、「みちさん」ってよんで
そして目を閉じた。

みちさんがボクを抱いていると
となりの男の子が泣き出した。
お母さんも目を真っ赤にしている。
みちさんはやさしい人たちに囲まれていた。

そして、みちさんはボクの背中に
白い小さな羽をみつけた。
羽にさわろうとしたみちさんの手に
ふわりと冷たいものが降りかかる。
雪だ。
みちさんは、空を見上げた。


今日はクリスマスだったね
男の子が涙をふいて言った。
みちさんは天使のボクを抱きしめながらつぶやいた。

ありがとう、おくりものをありがとう
そして
ずっとわすれないよ

comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。