> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • コメント(-) |
  • トラックバック(-) |
  • URL |

> story

ペット禁止 

「犯人に告ぐ!」
チラシには赤い太文字で、そう書かれてあった。
「このマンションはペット禁止です。
あなたが飼っている猫が悪さをしています。
早急に何とかしてください」
・・・・猫か。確かに 最近、マンションの中を歩き回っている猫を見かける。
「あそこの家に違いないって、皆言ってるわ」
妻がチラシを見て、ため息をついた。
「あそこって?」
「最近越してきた、202号室よ」
「違いないって、証拠でもあるのか」
「あそこが越してきてから猫を見かけるし、それに・・・」
「それに?」
「隣の201号室の息子さんが、あやうく殺されかけたわ」

それは問題だ。
隣の家の息子さんが猫に首を噛まれてるところを
通りかかった管理人さんが助けてくれたらしい。
「301号室の嶋さんが犯人な訳ないしな」
「もちろんよ。嶋さんはかえって迷惑だって怒ってる」
「だなあ」
「こんなチラシが出ちゃったんだから、集会開くしかないわよね」
妻の言葉どおり、次の日曜日には集会室で、
マンション自治会の緊急総会が開かれることになった。

ペットを飼っているという202号室の住人は
憮然とした顔つきで座っている。
最初、欠席すると言っていたのだが
チラシだけではすまなくなりますよ、という自治会長の言葉に、
しぶしぶ出席することになったらしい。
立派なたてがみのような髪をふりながら
例のチラシを手にし、自治会長が切り出した。
「このチラシはマンション住人全員に配布されていました。
ご存知のとおりここはペット禁止になっています。
ペットを飼っていらっしゃる方はいないというのが前提なんですが・・」
集会室にいた者全員が、202号室の住人を見つめた。
視線に歯向かうように顔をあげて、住人は言った。
「私たちはたしかに猫を飼ってます。
で、でも、ペットを飼ってる人は他にもいますよ」

「・・・ほう?どんなペットでしょうか」
静かに、しかし冷たい声できいたのは
301号室の嶋さんだ。
「嶋さん、あなたの部屋から時折、猫の声がきこえますし
503号室の黒淵さんのベランダから、
犬の尻尾のようなものが垂れ下がってるの見た事ありますよ!」
う、家か?
妻の顔を見ると、見つかったか、というように ペロっと舌を出した。
「申し訳ないが」、と、自治会長がうなるように言った。
「嶋さんも黒淵さんも、ペットは飼ってないんですよ」
「ウソだ!確かに聞こえたし見ましたから!」
「それはそうだと思います。だが・・・」
「ちょっと待ってください」
自治会長の言葉をさえぎったのは、201号室の根津さんだった。
「よそはどうであれ、私の息子はあなたのとこの猫に
殺されかけたんですからね!その責任はどうしてくれるんですか!」
「む、息子さん・・?」
ざわざわ、と集会室が揺れた。

「息子さんって・・・。うちの猫はねずみを獲っただけですよ」
ガタン!
突然、嶋さんが立ち上がった。
「許せん!私だって、私だって、我慢してるのに・・・」
「嶋さん、まあまあ、落ち着いてください」
「これが落ち着いていられますか?
ここの住人は皆、節度をもって、ルールを守って生活してるんですよ。
それなのに、こいつらは・・・・」
嶋さんの顔つきがみるみる変わってゆく。
耳がするどく尖り、目がキラキラと光ったかと思うと
三日月のように細い瞳孔が浮かび上がった。
202号室の住人が目を丸くして驚いているうちに
集会室の人々は次々に獣へと変身していく。

「うちの息子に今度手を出したら承知しないからね!」
妻の頭の上で、ねずみに変わった根津さんがキイキイ叫んだ。
「そうそう。悪さする猫は私が踏み潰してやるわ」
妻はでっぷりとしたセントバーナードになり、精一杯すごんでいる。
「さっさと出ておいき、ルールを守れない者はここでは生活できないんだよ」
凍りつくような甘い声で嶋さんが言い放った。
「あ・・・あ・・・自治会長さん、こ、これは・・・・」
震えながら立ち上がる202号室の住人に
ライオンに変身した自治会長がひとこと、
「出て行け!!」 と、吼えた。

「自治会長の咆哮には、マジびびるね」
「あれやられると、ご近所に説明するのが面倒なんだけどね」
獣達は人間に戻り、にこやかに話しながら集会室を出ていく。
「出て行きますかねえ、202号室」
あたふたと走り去った住人を思い出して言うと、
自治会長が鼻を鳴らして答えた。
「出て行かなかったら、・・・そうだなあ。
仲間になってもらうしかないだろうな。
猿なんか、いいかもな?」
犬猿の仲にしたいんですか、
自分の言葉に、嶋さんも笑った。


うちのマンションはペット禁止。
ペットは、絶対に飼えないマンション、なのである。

comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。