> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • コメント(-) |
  • トラックバック(-) |
  • URL |

> story

地獄 

俺は自殺したはずだった。だが
目を覚ますと病院でも墓場でもなく
最期に倒れたその場所で
変わらずに寝転んでいた。

俺の上を通行人たちが平気でまたいで行く。
誰も道の真ん中で倒れているヤツに気がつかないのか。
突然、視界に女のスカートの内側が飛びこんできた。
次の瞬間
思い切り、鼻をヒールで踏んづけられた。
「いてえっ!」
叫んで飛び起きてみたが
?・・・・いや、痛みはない。

信号が切り替わり、スクランブル交差点に車が流れ込んでくる。
半身起こした俺に、次々に車が突っ込んできた。
「見えないのかよ、人がいるのに!」
逃げようとしたが間に合わなかった。
俺の体のなかを空気が通り過ぎてゆく。
何台も何台も車たちは俺に突っ込み
俺は幾多の風だけを感じた。
痛みはなかった。

再び信号が切り替わり
人々が渡って来る。
だが誰も俺を見ていない。
いろんな体温、匂い、そして切れ切れの言葉が
俺の体をすりぬけていった。
「おい・・」
話しかけようと手を伸ばすと
その手はスっと水を掴み取るように
相手の体を通っていった。

「おい」
誰かに呼びかけられて振り返る。
「・・俺が見えるのか?」
「あたりまえだ」
後ろに立っているのは年配の男だ。
そして彼の体の中を
通行人たちがシュルシュルと通り抜けていく。
「おまえと同じものだ」
「・・・なんなんだ、これは?」
「おまえ、ずいぶんと悪事を積んだようだな」
男がニヤリと笑った。
その瞬間、思い出した。
俺が生きてる頃に起こした数々の出来事。
そして最後に俺は自殺したのだった。

「天国も地獄もない」
男は静かに話し続けた。
「ただ、おまえには安らぎがないだけだ」
「死んでも終わりがないということか?」
「そういうこと」
男はタバコとライターを差し出した。
火をつけようとするのだが
何度やっても、ライターは反応しない。
「ただ、タバコをクチにくわえる。それと同じだ」
「吸いたい」
「だが、吸えない」
「それが罰なのか?」
「腹は減っていないか?」
「・・そういわれれば、減っている」
「望めばなんでも食べられるぞ」
「そうなのか?」
「俺たちは見えないし、通り抜けができる」
「なるほど。盗むのも簡単だ」
「だが」
「・・・」
「そのタバコと同じだ」
「食いたいけど、食えない?」
男はうなずいた。
「食えないのさ。何もかも手に入る、が、何も手に入らない」
俺はブルっと震えた。
寒い。
「寒いだろう?」
「ああ・・・」
「ずっとそのままだ」
「このまま?」
「腹が減って、寒いままだ」

男は空を見上げる。
いつのまにか夜になっていた。
「このままって、、いつまで?」
「それはわからない」
「いつか終わりがくるのか?」
「くるものもある」
「こないものも?」
「もちろんある」
「どうしたら・・・」
「それは誰にもわからんのさ」
悪いことをしたら地獄で責め苦にあうのだよ
子供のころ言われたが
これが地獄なのだろうか?
「悪いヤツが地獄で責め苦にあったところでしかたないだろう」
「・・・」
「地獄の責め苦がこわくて悪いことができないのは善人さ」

「偽善者だよ」
俺は吐き捨てるように言った。
「偽善者でも、善行はしている」
男はじっと俺を見た。
「偽善という言葉にだまされるな」
「・・・」
「そんな言葉は何もできないヤツの負け惜しみにすぎない」
「えらそうだな、あんた」
「おまえの罪はな」
肩をすくめて男は言った。
「自分が善人じゃないとあきらめていることだ」

本当の善人なんかいやしないのさ
男はそう言って、消えた。
あれが男の終わりだったのかもしれない。
あれから俺は終わりのないまま
何百年と生きている。
いや、生きているというのは変な言い方だな。
ただ在る、ということか。
何もできない。ただここにいて
書物を読むようにテレビを観る様に
世の中のありとあらゆる出来事を
じっと見ているだけにすぎない。

俺に似たヤツをみつけると
ずっとくっついて「観察」を続ける。
話しかけたいときもある。
だが、それは叶わない。
最初は俺に似ているヤツが
なぜか俺とはまったく違う最期を遂げる。
なぜだ?
何が違うんだ?

そして遂に終わりがきた。
その男はやはり俺に似ていて
出来る限りの悪事をはたらいた後
自分の命を絶とうとしていた。
俺はその男が自殺するのを見つめていた。
止めようにも止めることなどできるわけもなく。
今までいろいろな世界の命の営みを見てきた俺。
生まれるところから終わるところまで
永遠ともいえる繰り返しを
ただじっと見てきた俺。
男が倒れこんだとき
涙が初めてこぼれた。

「・・・俺が見えるのか?」
「もちろんさ」
「俺は死んだはずなんだが」
「死んだよ。だが、終わってはいない」
「それは罰なのか?」
「罰かもしれない。終わらせたかったんだからな」
「・・・」
「思うんだが」
「なにを?」
「おまえも俺も修行が足りなかった」
「修行?」
「見つめることさ。ただじっと、ひたすらに」
「馬鹿馬鹿しい」
「おまえは自分を見つめたことがあるか?」
「えらそうだな、あんた」
「おまえの罪はな」
肩をすくめて俺は言った。
「自分を見ていないことだ」

俺は消えた。
消えるまで長い長い時間だった。
その時間は俺が奪った命が生きて
生み出した次の命がずっと続いているはずだった時間。
その時間、ただ見つめるだけが
俺への罰だったのかもしれない。



「ようこそ、地獄へ」
目を覚ました俺に、片目をつぶって
最初に出会った年配の男が言った。
「じ、地獄・・?」
「悪いことしたら、地獄で責め苦にあうのは知ってたよね」
「それは子供の頃の」
「本当のお話さ」
「天国も地獄もないってあんたが」
「ようやく空きができたんだ」
「・・・」
「それまで待機してただけ」
「罰が終わったわけじゃ」
「ないない。そんなに甘くない」
「そんな・・」
「じゃ、何度か焼き尽くされてみようか」

一枚の板が渡された崖の下に
灼熱の火の山が広がっていた。

comment

お誕生日おめでっちょ~♡
今日は思い切りガンガン呑んじゃってくだっさ~い♪

ありがとうございます^^
こんなマイナーなところにもコメントしてくださって・・
気づくのが遅い私。
見捨てないでね!

偽善を自己欺瞞と嫌悪するよりも、その行動に伴う善行は事実かぁ
前よりちょっと自分が好きになった

えー^^
もっと好きになってくださいよ。

偽善者って、実は悪いことしていながら・・って意味だと思うんだけど
何もしてない人はそれを持ち出して言い訳にする。
偽善者って責めるほうがよっぽど偽善者^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

喜んでいただけて良かったです^^
ネームカードにはここの更新もされると思うので
これからも、よろしくです☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。